手の所作だけでも印象アップ

場所を示すとき、物を扱うとき、物の受け渡しをするとき、手の所作に気を付けるだけで、印象が上がるものです。

基本は「指を揃える」だけです。

 

場所を示すときは、指さしをするのでなく、指先を伸ばして揃えて手全体で方向を示します。

物を扱うときも軽いものなら指が揃っている方が美しいです。

人に触れるときも指が揃っているだけで、丁寧に対応しているという印象を与えられます。

 

物の受け渡しをするときは、基本的に両手で行います。

安いものであっても、高級品を扱うような手つきで扱うと、価値のあるものに見えます。

自分が丁寧に渡したものは相手も自然に丁寧に扱わなければと思ってくれるので、自分の得にもなります。

 

何をするにも、動作のキリが付くところで、一度ぴたっと手を止めるとメリハリが付いて丁寧な印象になります。

常日頃からこうした動作を心掛けていると、改まった場でも無意識に好印象な所作でふるまえます。

お金もかからず、自分で注意するだけで手ごろに身につくのでお勧めです。

まずは見た目から気分を上げよう!

自分の気分が上がらなければ、女子力アップにつながらないと思います。

簡単でも毎日メイクしたり、普段着を少しレベルアップするだけでも気分は変わります。

 

私の場合、会社を辞めて子どもを産んだとたんにメイクもしなくなり、ずっとスウェットやジャージで過ごしていました。

確かに慣れない育児で余裕もなかったのですが、外出するとき以外はひどい格好でした。

子どもは現在4歳ですが、大きくなるにつれて少しずつ自分の時間が持てるようになり、幼稚園の送り迎えもあるので、今では毎日メイクをして着るものも変わりました。

 

髪の毛もパサパサにならないように気を遣い、足の指にネイルもしています。

栄養面や肌のためにも野菜中心の食事を心がけ、ストレッチや体操などで運動不足も解消しています。

 

また、夏でも入浴時は湯船につかり、できるだけ睡眠不足にならないようにして疲れをためないように気をつけています。

まずは自分の見た目から変えることで気分が上がり、余裕が出ていろんなことに積極的になれると思います。

身近なところから女子力アップ!

女子力アップ!と聞くとなんだか、特別なことをしなくてはいけないような気がします。

もちろん、化粧品やファッションを変えることも重要ですが、普段おしゃれから遠ざかってしまっている方には敷居が高く感じてしまうかもしれません。

 

そんな方には小物から変えていく方法をおすすめします。

文房具をピンクやハート、花柄に切り替える。かわいらしいデザインのものをとりいれることです。小さくてもリボンがついているだけで、華やかにみえます。

 

ファッションでは、下着やインナーをピンクやフリルに変えると良いです。

いつも身に着けているものから多くの影響を受けているそうですよ。

 

女子力アップにはローズ、薔薇の存在も大切です。

香りとしてとりいれるのもよし、部屋に飾るのもよし。とにかく花は女性らしさを引きだしてくれる必須アイテムです。

 

最初は気恥ずかしいかもしれませんが、慣れれば自然と花柄やリボンを選ぶ自分に気づくはずです。どんどん取り入れていきましょう。

モテる女子の共通点

最近よく言われる「意識高い系」と女子力が高いことは別物のような気がします。

意識高い系の女子は、女の人にはモテますが、男性からはモテない気がするのです。

女子力が高いとは、ずばり男性から好かれる力を持つ者だと思います。

 

周りのモテ女子を観察していると、ある共通点がありました。

それはみな「料理が上手」だということです。

食に興味があって、自分で買い物に行って自炊をする。

結果、料理も上手になるという感じでした。

 

食にこだわっているだけあって、肌もツヤツヤな子が多いですし、健康的な明るさを感じます。

かといって、外食に行かないわけではなく、男性のいる場にも顔を出します。

「料理が上手」ということは、結婚を意識させることができるので最強の女子力だと思います。

 

まつ毛が少し長かったり、チークを変えたりしても男性は一切気がつきません。

それよりも、肌がきれいかどうかです。

自己満足の女子力だけ磨くよりも、体の中からキレイになれるように料理の腕を磨く必要があるなと思います。

女子力を上げる為に

私は女子力アップの為に、家の中でも気を抜かないことにしています。

 

昔は家に帰るとすぐに、外には出て行けそうにない部屋着に着替えてダラダラと過ごしていたのですが、今はいつ誰が来てもいいように、部屋着は部屋着でもオシャレな部屋着を着て、自分に良いプレッシャーを与えるようにしています。

そうすると、家の中でも自分の動きがダラダラではなく、一つ一つ綺麗に変わってきました。

 

それから、見た目にも気をつけています。

メイクをしている時だけでなく、ノーメイクの時でも綺麗でいられるようにお肌の手入れを丁寧にしています。

 

ノーメイクで外に出る時はそのまま出るのではなく、オシャレなメガネをかけて帽子をかぶって出ます。

こうするだけでも、いつでも自分に気をかけているという自信から女子力が上がります。

 

最後に料理の腕を磨いています。

高い食材を使うのではなく、家にある食材でパパッと美味しい料理が出来るように、毎日試行錯誤しながら頑張っています。

忘れかけていたこと

出産をしてママになってしまってから、自分のことは二の次という感じだったけれど、最近、子育て広場なんかに行くようになって、自分ももうちょっとお洒落しないとななんて感じました。

 

結構、周りのママ達はお化粧もバッチリ、ファッションもびっくりするくらいキメキメなんですよね。

でも、自分はスキンケアさえ怠っていたということに気づきました。(遅い。)

 

そういえば、出産をしてから一度も角質ピーリングしていなかったなと思って、ドラッグストアに言って、クレンジングジェルを購入。

夜、お風呂でマッサージしたら、出るわ出るわ、角質が。。。。

洗顔後にはもっちり肌に生まれ変わりました。

 

まだまだこの程度じゃ、これまで怠っていた部分をケアしきれていませんが、女子力をアップさせるためにも、まずは、基本的なスキンケア、頑張ります。

これをやらなきゃ、メイクのノリも悪いですしね。

ファッションも、髪型も、ちょっと流行を確認して、少しずつ取り入れますよ。

髪やメイクのケアを丁寧に、そして笑顔も大切です。

こまやかなケアができている人は女子力が高いと感じます。

 

例えばヘアスタイルなら、髪に艶があって健康的であると清潔感も漂って好感度が増します。

シャンプーやトリートメントを丁寧にほどこすことで、このような髪質になると思うので、それらの品質を厳選したチョイスが重要だと感じます。

 

また、定期的に美容院に通うことでスタイルを維持したり、傷んだ髪の毛をカットして健康的な髪質になれるので、頻繁でなくとも通うことがきれいの近道なのでしょう。

 

メイクも印象を左右するものなので、いろいろと試して、自分に似合うメイクができるようになれば、可愛さ加減も増加して、魅力的になることでしょう。

目元を強調したなら口元はナチュラルに、全体的にシンプルなメイクならチークをたっぷりつけてアクセントにしたり、足し算と引き算メイクのバランスを、着ている洋服のスタイルなどに合わせて柔軟に変化させることができれば、振り幅も広くなり、一層魅力的になれるはずです。

 

あと、笑顔も重要だと思います。

口角がアップするだけで好印象になりますし、ハッピーなオーラを相手に感じさせることができます。

ファッション誌のモデルさんのハッピーな笑顔は見ているだけでも心地よく、女性らしいので、スクラップしてコレクションして参考にしてみるのもおすすめです。

料理教室に行ってきました

女子力と言えば料理。ということで女子力アップの為に料理教室の体験講座に行ってきました。

「エプロン何処に仕舞ったかな…」と思い、何とか学生時代に使っていたお古のエプロンを引っ張り出して料理教室のあるショッピングモールへ行きました。

 

予約をしたときにお姉さんから「女性だけではなくて男性の方も沢山参加されていますよ」と言われてはいたのですが、予想以上に男性が多くて驚きでした。

女性が六人と男性が三人でした。

 

私は実家に住んでいるので、基本料理は親任せなので料理が全く出来ません。

だからこそ今回料理教室に来た訳なのですが、下手くそ過ぎて心が折れそうになりました。

先生がしっかり丁寧に教えてくださいますし、体験講座だったので料理もパスタと簡単なものだったのですが、包丁の扱いに慣れていないせいか危ない場面が何度かありました。

 

無事に終了して自分で作ったパスタを食べた時は感動すら覚えました。とても美味しかったです。

料理教室にはこのまま引き続き通うことにしました。女子力アップの為に頑張ろうと思います。

雑誌『VERY』で私は女子力アップ

私の愛読書、『VERY』今月号も先ほど購入して来ました。

毎回、井川遥さんが表紙の雑誌です。

結婚して母になり、ついつい、女性としてのファッションの楽しみ、磨き方を忘れがちなので、VERYはそんな、女子力アップのモチベーションを上げてくれます。

 

そして、今回は身近なテーマで気になる活字が表紙に。

『頑張りすぎも、お金のかけすぎもへん。目指すのは「ご近所で素敵な人」!』

 

まさにその通りで。

ちょっと、近所のスーパーへが、主婦にとっては切っても切り離せない日常。

そこを、気を抜いてしまうと、全てがアウトな気がします。着飾る必要は無いけれど、良い意味での脱力感、こなれ感のお洒落は身につけておきたいなと思います。

 

VERYでは、ユニクロやGU、ZARAと行ったファストファッションフリークにも参考になる記事も多いです。

私達、30代後半の女性には女子力アップになる事間違いなしの雑誌だと思います。ママ、主婦のお洒落を手助けしてくれています。

ジェルネイルで女子力アップ

最近小学校六年生の娘はジェルネイルがお気に入り。

将来はネイリストになりたいというほどです。

本当はいつもジェルネイルをつけて綺麗にしていたいようですが、小学校で注意されてしまうので長期休みだけネイルサロンに行っています。

 

この前も、長期休みに入った途端ネイル予約して!というので、早速連れていってあげました。

ジェルネイルをつけていると勉強や習い事も頑張ってくれるので、私もいいように利用させてもらっています。

 

ただ、今回はいつもと違って、ママと一緒につけたいといわれました。

主婦になってから爪には何の気も遣っていなかったので迷いましたが、パパにも薦められて一緒にネイルをお願いすることに。

私にとっては初めてのジェルネイル体験でしたが、久しぶりに女子力がアップした気がしました。

 

やっぱりいくつになっても綺麗にしてもらうっていいですね。

子供だけでなく、私まで癖になっちゃいそうでした。

これを機会に、普段からもう少し女子力あげていこうかななんて気持ちになった体験でした。