手の所作だけでも印象アップ

場所を示すとき、物を扱うとき、物の受け渡しをするとき、手の所作に気を付けるだけで、印象が上がるものです。

基本は「指を揃える」だけです。

 

場所を示すときは、指さしをするのでなく、指先を伸ばして揃えて手全体で方向を示します。

物を扱うときも軽いものなら指が揃っている方が美しいです。

人に触れるときも指が揃っているだけで、丁寧に対応しているという印象を与えられます。

 

物の受け渡しをするときは、基本的に両手で行います。

安いものであっても、高級品を扱うような手つきで扱うと、価値のあるものに見えます。

自分が丁寧に渡したものは相手も自然に丁寧に扱わなければと思ってくれるので、自分の得にもなります。

 

何をするにも、動作のキリが付くところで、一度ぴたっと手を止めるとメリハリが付いて丁寧な印象になります。

常日頃からこうした動作を心掛けていると、改まった場でも無意識に好印象な所作でふるまえます。

お金もかからず、自分で注意するだけで手ごろに身につくのでお勧めです。

コメントは受け付けていません。